読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カボチャ

冬至にカボチャを食べるようになったのは、

江戸時代から。

ビタミンAやカロチンが豊富で

風邪予防に効果的なこと、

長期保存できることから、

冬に栄養をとるための知恵だったようです。

また、カボチャの中身は「黄色」。

黄色は邪気を払う力がある色として

信じられていたため、という説もあります。

広告を非表示にする