誰かのため

誰かのために泣いて
誰かのために笑って
誰かのために頑張って
誰かのために傷つく

その誰かがあなただから私はなんでもできる

広告を非表示にする

うしかい座流星群

うしかい座流星群の出現数がピークを迎えます!


ただこの流星群は気まぐれで、ひとつも観測できない年があったり、1時間に100個の流れ星を見ることができた年もあるんです。
気まぐれ流星群の流れ星を見ることができたら、いい事がありそう…☆

広告を非表示にする

東日本大震災


2011年3月11日14時46分。
東北で起こった震災。
3.11を忘れない。
東日本大震災から6年。
被災地が早く復興出来る事を
遠くから願っています。

 

広告を非表示にする

ありがとうございます

「ありがとうございます…」
とっても素敵な言葉

人とひとを
繋いでいる

人はそれぞれ
自分の輝きがある

私たちは
互いに助け合って
生きている

みんなを繋ぐ言葉

ありがとうの数だけ
みんなと共に生きている
みんなに助けられて生きている

命は温かい
みんなの心も温かい♡

39光年先

7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見 
3つは生命存在可能

これまでもさまざまな生命の存在が可能な惑星「ハビタブル惑星」が発見されてきましたが、今回はさらなる快挙です。NASAは2月22日、地球から39光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。
 
この赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する系外惑星のうち、3つは表面に水の存在しうる「ハビタブル惑星」に相当。地球外生命体の存在の調査が期待されます。

今回の観測は、ヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡(VLT)とNASAスピッツァー宇宙望遠鏡によって行われました。TRAPPIST-1のサイズは木星より少し大きい程度で、質量も太陽の8%しかありません。そして、その周りを7つの系外惑星が周回しています。
 
TRAPPIST-1は非常に暗い恒星で放出するエネルギーも少ないのですが、惑星が非常に近くを周回しているためにハビタブル惑星が存在しています。系外惑星はTRAPPIST-1に近いものから「TRAPPIST-1b、c、d、e、f、g、h」と名付けられ、恒星から太陽と水星の間に収まるほどの距離を周回しています。
 
TRAPPIST-1b、c、d、e、f、gは岩石からできており、そのうちb、c、dは恒星から近すぎて液体の水を保持するには高温すぎます。そこで、TRAPPIST-1e、f、gがハビタブルゾーンに存在することが判明したのです。また、これらの惑星には水の海が存在する可能性もあります。
 
今後、TRAPPIST-1とその系外惑星ハッブル宇宙望遠鏡、それに今後設置される欧州超大型望遠鏡やジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡によって観測が予定されています。これだけ多くのハビタブル惑星が宇宙に存在するのなら、そのうちの1つぐらいには宇宙人がいてもおかしくないかもしれませんね。
 

広告を非表示にする

感謝

「ありがとう」では伝えきれないほど、
自分を思ってくれている
家族、友達、恋人、先輩、後輩、などがいる。
それって、本当に幸せな事だよ。
助けてもらうばかりじゃなくて、
今度は自分の番!
支えあって人間は生きていくのかな。
本当に感謝で、いっぱい。
そんな優しい人になりたい。

広告を非表示にする

節分

今日は

「節分」。

 

文字通り季節を分けるという意味で、春の始まりだけではなく、夏秋冬になる前にもあるので一年に四回の節分があります。ただ、昔は一年の始まりが春なので、大晦日にあたるこの日に一年の厄を払うため豆まきが始まったとの事。一年の終わりで年越しそばを食べるとこもあるそうです。

広告を非表示にする